<< ひとめぼれ 久しぶりの日記 >>

梅雨フェス。

麻生久美子さんに憧れています。

インスタント沼を観に行ってきたし、今度はおと・な・り、ウルトラミラクルラブストーリーを観に行く予定。

可愛くてきれいなのに全然飾ってない。
あんな人になりたい、

という憧れの思いから、まずは口角をあげる練習を必死にしています。
いつでも口角があがってる人になりたいな。

写真にうつる自分は、いつも笑顔が上手くない。
どういう顔して映ったらいいか分かりません。

成人式の日に、カメラマンさんに「モデルになった気分で!」と言われたときは一番困ったな。

笑顔美人になりたいよう。


さてさて、昨日はミドリカワ書房の梅雨フェス、MIDOFESに行ってきました。


会場での物販のチラシには売られてないTシャツのデザインの上にソールドアウトの文字が!

細かいところまで、突っ込みどころ満載です(笑)



最初に主催のディスクガレージの方が注意事項などを話し、最初のバンド紹介。
そしてビークルのSE!

完全にロッキンフェスを再現してました。・・ここまでは(笑)

まずはミドクル!
お面付けてるよ~
ちゃんとサポートギターの方、カトウさんっぽいスーツ着てるよ~

が、しかし、出てきて速攻お面を投げるミドクル。
まだ一曲もやってないのに・・・早いよ(笑)

Tonight, Tonight, Tonightっぽい前奏で、ビークルの曲をやると思いきや、曲はミドリカワ書房のものをアレンジしてやってました。

そして、二曲ではける。早い!


お次はMIDOSICS!
つなぎとバイザーはしてますが、テンションをハヤシくらい高くするのは無理だったようで。
頑張ってるけど元気が足りないよ!頑張れミドシン!

そんでもってピーポーピーポー・・と救急車の音の後にやった曲は
まさかのドライブ(ひき逃げの曲です)
ピコピコ音でみんな楽しそうに演奏してるけど、詞の内容が内容だけに、盛り上がりにくいよ(笑)

MIDOSICSはこの1曲だけではけていきました。
嗚呼、限界だったのね、ありがとうMIDOSICS!

MIDOSICSの後に出てきたのは茂木淳一さん♪
その後、転換度に茂木淳一の「サッパリ・サーズデー」と題したラジオ番組形式に
ミド伸の生い立ちと影響を受けた音楽で振り返っていきました。

T.M.NETWORKから倉橋ヨエコさんまで。
あー、ミド伸とヨエコさんの対バンツアー行けなかったことが悔やまれます。

そんでもってお次は浜田伸吾。
やはり、浜省大好きだけあって楽しそうなミド伸。
で、今までそのバンド風に自分の曲をアレンジしていたので今回もそうかと思いきや、
浜省先輩の名曲、J-BOYを最後まで完全に唄いやがった!
J-BOY、楽しかったっす。
「もうひとつの馬鹿兄弟」も良かったな。

お次はみどまさし。
七三に優しげな顔が印象的。アコギには何かマスコットがついてました。
「だまって俺がついてゆく」大好きな曲なので歌詞間違っちゃってたけど聴けて嬉しかった。
みどまさしは、さすが。トークも流暢でした。

みどまさしの後の転換タイムにまさかの千葉レーダ(茂木さん)登場!「無敵のファンデーション」をしっかり唄ってらっしゃいました。

そして東京ミドパラダイスオーケストラ。
あー!これもスカパラと同じ楽しさ♪
ミド伸トランペット持ってたけど吹いてない!
最後に吹くもあの音は・・(苦笑)

大トリはミドリカワ書房。
私、「続・それぞれに真実がある」のミド伸のライブパフォーマンスが好きでね。
かなり色気が出てるんです。

MCでは、今までの出演者が実は全部自分だということをばらし、
会場のお客さんを驚かせてました(お客さんの驚きの反応が素晴らしかった・笑)

アンコールでは「いるんだ」も聴けて感動したし
本当に楽しい梅雨フェスでした。


<セットリスト>

MIDORI CRUSADERS

01.泊まってゆけよ
02.頑張るな


MIDOSICS

01.ドライブ


浜田伸吾

01.J-BOY
02.I am a Mother
03.もうひとつの馬鹿兄弟


みどまさし

01.ごめんな
02.転校生
03.だまって俺がついてゆく


千葉レーダ

01.無敵のファンデーション


東京ミドパラダイスオーケストラ

01.SAVA
02.チューをしよう


ミドリカワ書房

01.リンゴガール
02.愛なるは
03.顔 1973
04.心
05.続・それぞれに真実がある
06.父帰る

EN-01.居るんだ
EN-02.笑って俺について来い


会場限定で売っていたCDがとても良い!
[PR]
by ai-smile921 | 2009-06-13 01:01 | 日常
<< ひとめぼれ 久しぶりの日記 >>