<< 鳥が鳴いてた いろんな想いがめぐるのでした >>

右手に勇気を 左手に悲しみを

落ち着いてきたかと思われたこの生活、最近はまためまぐるしい。

一人になって気づいたこと、たくさんあります。

まず第一に、私は人に恵まれていたということ。
大学の友達の多くは、地元の成人式に出たがらない子が多い。
「仲良い子だけに会えればいいや」
そんな考えが私にはなかったな。
むしろ成人式が楽しみでしょうがない。みんなが変わってる姿を見れるのは楽しみ。
みんなに会えるのが楽しみ。集まってわいわいできるのが楽しみ。

そんな風に思えるのは人に恵まれてるからだよね。
そんな風に思えてよかった。それは嬉しい。


あとは、自分自身にたいして気づいたこともたくさん。
大体は自分の脆さや醜さ、不甲斐なさ、情けなさ。
良いところを見つけるのは困難で、毎日何か自分にないものを見つけてばかり。だめなものを見つけてしまってばかり。

私は私で、認めていく。
認めていってから一気にどこかがほどけたように気が楽になったのですが、それでもどうにもならないときもあって。
たまに揺らいでしまいそうになることだってある。

今日の私は、あれでよかったのかな。

でも、やっぱりあのまま続くのはきついんだもん。

こんなちっぽけなことで悩んでしまうのは昔からで。
人間関係、少しでもなにかあると、自分が悪くなかったとしてもすごく悩む。
ここで折れたら自分が負け、だとか考えてしまうのは私が子どもだからかな。


サークルの先輩は、みんな優しくて温かい。あんな人になれたらな、なんて思う人がたくさん。
部長さんともう一人の3年の先輩には、ファンが結構いるらしいし(笑)
サークルの部長さんは、ギター・ピアノ・そしてヴァイオリンもできてしまうらしいです。
そして、とても親しみやすく誰にでも優しく、それでいてちとぬけてる人(爆)
そりゃファン付いちゃうな~なんて納得しちゃったわ(笑)

そんでみんな仲が良くてあんな風になりたい、なんて憧れる。

私達もなれるのだろうか。あんな風に。
私はあんな風になれるのだろうかな。


誰とでもあんな風に仲良くなれるかな。
仲良くなりたいけど、まだ慣れないので課題は多そうです。
そもそも高校時代は女子高と同じような生活を送っていたのでね。
自分からうまく異性に入っていくことができないのだよー。
こんな歳でこんなことかいてるの恥ずかしいけどね(笑)
まだまだ子どもなんです。

色々な気持ちもリセットしなくっちゃ。


本当は書くほどのことじゃないのになぁ。
たいしたことじゃないのになぁ。

よし、でもスッキリ。
前を向ける。

今日からまた、一歩。
また一歩。いつだって一歩。

思いっきりジャンプ!

よし、進める。

完全に自己満日記だわ。
[PR]
by ai-smile921 | 2007-06-27 01:20 | 日常
<< 鳥が鳴いてた いろんな想いがめぐるのでした >>